せとうち、
 島らしさ。

お料理

旅館さわきのおもてなし。
しまなみ海道にお越し頂いた貴重な機会。

瀬戸内の急流が育む新鮮なお魚を
こころゆくまで楽しんでいただきたい。

夕食

個室でゆったりと食べるお食事。
お食事の開始時間は到着後に、他のお客様と重ならないようにお決め頂いております。

当館のお刺身はお客様の食事時間に合わせ生簀から取り出して捌くため、獲れたて食感が楽しめます。

瀬戸内の海の幸、素材の味を感じられる島の料理や、仲居とのおしゃべりのなかで島時間を堪能して頂ければ幸いです。

海の恵みを
いただく。

朝食

大広間にてゆったりと食べる朝ごはん。

朝のお味噌汁は前日の姿造りのお魚から出汁をとっています。愛媛のお味噌と地魚の出汁の相性がばっちりです。

イカ刺しや鮭の塩焼き、お野菜やお魚をたっぷりと召し上がっていただき、ぜひ元気いっぱいでご出発ください。

それぞれの
記念の一日に。

その土地の魚には、その土地の調味料が。

 刺身醤油は、たまり醤油。
大島に古くからあった醤油屋の製法を受け継いだ業者様から取り寄せています。
 お味噌は、矢野味噌。
愛媛県産のはだか麦を利用した麹の香りの良い甘口のお味噌です。

 お酒は愛媛・今治のものを。
山丹正宗は今治の蔵元・八木酒造部がつくるお酒です。米・水・技術も地元にこだわる杜氏が仕込むキレの良い辛口。瀬戸内の海の幸とご一緒にどうぞ。

 地元で愛される南蛮漬け。
カリッと食べられる地魚の南蛮漬けは、頭まで美味しく食べられます。舟盛りや焙烙焼きの様な派手さはないですが、長年愛される一品をぜひ味わってください。

 来島海峡の急流で獲れたお魚を、漁師さんから直接仕入れております。
毎朝、島の港へ船で訪れ、活かしたまま旅館の生け簀へ運びます。魚市場を通さず仕入れるお魚は新鮮そのものです。

瀬戸内ならではの、おいしいお魚をご紹介。

 愛媛といえば、やはり鯛。
来島海峡の急流で揉まれた鯛は、身が締まっていて旨みがたっぷり。春には『桜鯛』と呼ばれ、1年で特に美味しい時期になります。

 瀬戸内の幻の魚、あこう。
関西では「冬のフグ、夏のあこう」とも呼ばれる高級魚です。
新鮮なあこうはお刺身が絶品。煮つけにしてもふっくら美味しいです。

 背びれに強い毒を持つ、おこぜ。
その扱いにくさや希少性、それでいて美味しい身質から高級魚として扱われます。適度に身が締まり、薄造りにしても食感がいいです。

 煮つけが美味しい、めばる。
近年は漁獲量の減少に伴い、高級魚となっています。身が柔らかくクセのない淡白な白身魚ですが、瀬戸内のものが最もよいとされています。